こんな山の中なのに何故か「金比羅神社」があります。

あるといっても立派な社殿があるわけでもなく、ちょっと大きめの

「祠」といった程度です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陶芸美術館が出来るまでは、たどり着くまで結構険しい道のりでしたが、

今は美術館から少し登ればたどり着けます。

この時期になると木々の葉も落ち、見通しが良くなります。

古びた鳥居が寂しげに立ってます。