毎年、この時期は落ち着かない日々が続きます。

日本伝統工芸展の出品締め切りが迫っているからです。

今年も例に漏れず、天候とにらめっこしながら、ギリギリまでバタバタが

続いています。

かれこれ30年近く、こんな事を毎年繰り返していますが、この重圧には

馴染むことはありませんね。

少ない制作数で上手く行く年もあれば、今年のように失敗が出て、

気持ちが切れそうになる年も・・・

 

明日には出品申し込みを速達で郵送しなければ間に合いません。

直接、千葉の搬入会場へ持参すれば後10日強の日程が確保出来ますが、

他の所用とも重なり、そういうわけにもいきません・・・

明日、申し込みを済ませ、その後に窯出しという「綱渡り」になりました。

只今温度を上げてます。日付が変わった頃には目処が立ちそうです。

最後のチャレンジです!

20150708